状況や顔立ちに合わせた色選び

状況に合わせた使い分け

カラコンは顔の印象を大きく変えることができます。

その日の服装や雰囲気を変えたいときに色を使い分けるのがおすすめです。

常備は色は黒とブラウン(暗め)とブラウン(かなり明るい)です。

まず黒は瞳を大きく見せるために使用しています。

明るくはならないので清楚な感じ、黒目が大きくなると顔が引き締まります。

仕事や真面目な感じの場所に行く時用です。

茶色(暗め)は顔の印象全体をやんわりとした優しい雰囲気にしてくれます。

目も大きくなりますし、可愛らしくしたい時におすすめです。

合コンにはこの茶色(暗め)を使用します。

そこまで盛り過ぎている印象はなく、可愛らしさを強調できます。

最後に茶色(明るめ)は友達と遊びに行くときに使用してます。

これはギャルまっしぐらです。顔の印象は若いし派手な感じになります。

真面目な大人系の人には嫌われそうですが、遊べるし普段の印象とは大きく変えたいときにおススメです。

いろんな状況に合わせて使い分けるのが楽しいと思います。

顔立ちと色選び

カラコン選びとなると、デカ目効果を期待して、直径の大きさを重視しがちですが、色も重要なポイントです。

私は、くりっとした黒くて丸い目に憧れて真っ黒のカラコンを購入して使用していました。

しかし知人には似合っていないと言われ、あまり好評ではありませんでした。

私の顔はほりが深く、ハーフと間違えられるような顔立ちなので、黒のカラコンが似合わず違和感があったのではないかと考えました。

後日、グレーがかった青のカラコンを利用したところ、知人からは好評で、印象が変わりとてもよいと言われました。

私の場合は顔立ちが濃いほうだったので、外人のような瞳の色合いのカラコンが似合ったのですが、逆に、丸顔で童顔の方は、黒いカラコンや茶色でまるい瞳のほうが似合うと思います。

カラコンもファッションの一部なので、その人に合っているか合っていないかで大きく印象が変わります。

自分の顔立ちをよく知った上でカラコンの色などのデザインを選ぶことが必要です。