眼科ではどんなことをするの?

眼科での診断に行きました

最近初めてカラコンを購入しましたが、簡単にイメチェン出来るという事で友達から勧められてカラコンを買う事にしました。

眼科に行かず好きなカラコンをいきなり購入して使い始める方もいるようですが、目の健康を考えて私はカラコンの購入前に眼科に行きました。

眼科の受付で初めてコンタクトレンズを使うという事を伝えると、眼科での今後の流れを教えてくれます。

受付後にまずは眼圧を測定して、スタッフさんがコンタクトを目に入れてくれます。

どのような色や特徴のコンタクトが良いかその場で相談して、希望したコンタクトの付け外しをスタッフさんがしてくれます。

希望のコンタクトが決まると次に視力検査がありました。

私は度なしのコンタクトを買いましたが、度なしを買う場合でも視力検査は必ずあるようです。

その後、お医者さんの診察がありました。

特に突っ込んだ事を聞かれる事はなく、コンタクトの着用に問題があるかないかを言われる程度でした。

目の診断をした結果、目の細胞の数に問題がなければ着用する上で特に問題はないようです。

色々レンズの知識を教えてくれます

目の細胞の数などを検査する中で、レンズに関するいろいろな情報も合わせて説明してもらえます。


例えば、目の細胞というのはもともと数が決まっているもので、レンズをすることによって酸素不足の状態が続くと、徐々に減って行ってしまうということでした。


さらに、私は全く知らなかったのですが、カラコンに限らず一般的にコンタクトレンズというのは装着しているだけで細胞が減っていくため、いずれ装着できなくなるそうです。


それを聞いてちょっと怖いのかなと思いましたが、正常な使い方(説明書などを守るという基本的な事)をしつつ、定期的に診察を受けて入れば問題ないと教えてもらいました。


また、洗浄のやり方や、長期間使用できるタイプであればタンパク除去などの方法についても説明してもらえました。

装着の練習があるんです!

診察後にお会計を済ませ、いよいよコンタクトの付け外しの練習になります。

ちなみにここまでスタッフさんが入れてくれたカラコンは着用したままです。

コンタクトの付け外しがうまく出来ないとここでかなり時間がかかります。

最初に持ち方やイメージを教えてくれますが、それでも1回目は怖かったです。

ただ、思っていたより簡単に付け外しができるし、爪が当たったりしなければ誰でも簡単にできると思います。

慣れると鏡なんか見なくても感覚でできちゃうようですが、私はまだ鏡がないと無理ですね・・・。

コンタクトの付け外しの練習が終わると眼科で販売されているカラコンを買う場合はお会計、コンタクト販売店に行くのであれば販売店へという流れのようでしたが、私は眼科でカラコンのサンプル品を何枚か頂いたので付け外しの練習後はそのまま帰りました。

眼科に来てからここまでにかかった時間は1時間もかからなかったと思います。

まさかカラコンのサンプルを頂けるとは思っていなかったので、すごく得した気分でした。

どこの眼科でもこのようなサービスを行っているかはわかりませんが、これからカラコンを使い始める方には色んな勉強と使用中の安全性を考慮してぜひ眼科を受診してからカラコンの使用をする事をおすすめします。